本文へスキップ

開かれた議会と市民参加のまちづくりを目指して。印西市 ぐんじとしのり

TEL/FAX 45-8362

西の原 2-3-6-104

市民参加のまちづくりを目指して。千葉県印西市 ぐんじとしのり

BLOGからの新着情報

ご挨拶


平成27年4月26日(日)に執行されました千葉県印西市市議会議員選挙で、
私、ぐんじとしのりは前回よりもさらに多くの皆さまからのご支持をいただき、
当選(4期目)させていただきました。
(自民党公認候補に負けましたが、2位当選でした。ありがとうございました。) 
   いただきました票数の重さをかみしめながら、
1週間を経過した今、選挙運動を振り返りながら、
今後の政治活動について考えています。

私は選挙中に皆さまに語った通り、「選挙の時だけの活動」に
することはなく、継続的な政治・議会活動を行なってまいります。
  もちろん、できるかぎりの毎日のブログの更新継続(前期は4年間毎日更新)、
そして私自身の議会報告「みどりみらい」の発行をつづけ、
皆さまに情報を発信し、皆さまからから市政に関する情報をいただきながら
手を携えて「市民参加のまちづくり」を行なってまいります。

  引き続きの叱咤激励をいただければ幸いです。

  選挙期間中の内情を明かせば、ブログに記載した「車のパンク」だけでなく、
選挙前にはパソコン上に「書きためていた文書」に全くアクセスできなくなり
−今後、容量700GBの記憶媒体の修理をしなくてはなりません。
−、私自身の体調悪化によって病院に行っての「胸部レントゲン」の撮影
(異常なしでしたが、今でも左胸が痛い。。。筋肉痛?)、
さらにはヘルプに来てくれる人の突然の仕事によるキャンセル等など
本が書けるくらいのトラブル続きでした。

  しかし、皆様のご支援により、
なんとか再び議席を得ることができましたので、
しっかりと活動を継続していきます。

  今回はご声援、ご支援ありがとうございました。

     ◇  ◇  ◇  ◇  ◇ 

改正公職選挙法では、選挙期日後に当選又は落選に関して
選挙人に挨拶をする目的をもって行う行為のうち、
「インターネット等を利用する方法」により行われる
文書図画の頒布が解禁されます(改正公職選挙法第178条第2号)。
したがって、例えば、選挙期日後、自身のホームページ等に
おいて当選又は落選に関する挨拶を記載することや、
電子メールを利用して当選又は落選に関する挨拶をすることは可能となりました。

   ◇  ◇  ◇  ◇  ◇ 

力を尽くし、引き続き、皆さまへの情報の開示と共有化を
行なっていきます。今後とも重ねて宜しくお願いいたします。

▽ 参考 「印西市議会議員一般選挙・開票結果」

http://www.city.inzai.lg.jp/0000003975.html

平成27年5月2日 ぐんじとしのり(現職4期、元県議会議員)

 

<千葉県印西市>
株式会社東洋経済新報社が行なっている、全国の市を対象とした
「住みよさランキング」を。平成26年度は3年連続で印西市が
全国1位でした。

 しかし・・・、
印西市は本当に住みよい街でしょうか?
 平成27年4月 私は市議会に戻り、間もなく任期を終えようとしています。

この4年間、多くの方々から、ご意見・ご要望をいただき、
また多くの方々と情報交換、意見交換し、語らってきました。

保育園の待機児童問題。解消に向けて、働いてまいりました。
一番待機児童として問題である3歳未満児の「待機」に限れば
今年の4月にゼロになりました。(希望した保育園でないことでの
「保留」は若干あり。)しかし、ニュータウン中央のマンション
開発や印西牧の原駅北側の宅地開発がさらに進む中でまだまだ
予断は許しません。

印西クリーンセンターの移転問題では、市民の声に耳を傾け、
9住区(泉野地区)への移転を「印西地区環境整備組合」の
議員として、白紙撤回にいたしました。そして、引き続き
移転問題について、真摯に向き合い活動してまいります。
(吉田地区への移転は決定済ですが、またこの問題も今後
移転まで10年はかかるものと考えられます。)

救急・緊急病院については、この4年間で大きな動きが
あり、私自身は経営母体がどこであっても、情報交換をし、
皆さまに情報提示をしてきました。
(既に、平成博愛会では「入院対応は再開しています。」)

そして、東日本大震災に伴う、福島第一原発事故の発生による
「放射線/放射能対応」については印西市内の情報公開を含め
年末年始を除き、毎日ブログで情報発信し、皆様の不安に対する
声に対して、寄り添い、尽力してまいりました。

何よりも、「北総鉄道の運賃」は発展の足かせです。
(「年間8100万円の補助金をやめた。通学定期券の補助は
継続されている。」という主張もあるでしょうが、実際に
通勤定期、運賃は値上がりしています。私は目先の補助金では
なく、交渉のテーブルを立ち上がり、立ち去ったことが
大きな問題だと考えています。)

  さまざまなお話を伺う中では、印西市は依然として、
発展途上の街であり。これからも多くの可能性を秘めた街だと言えます。

  そのためには、皆さまからいただいた「税金」の使い途について
しっかりと目を配り、皆さまと考えていかなくてはなりません。

引き続き、多くの課題・問題を印西市は抱えています。
皆様の声をお寄せください。

* 日々の活動は私のブログでご覧になれます。
毎日更新しています。(市政の情報も365日ほぼ毎日書いています。
http://togu.seesaa.net/ 記事数 2122 − 平成27年4月18日現在)

 印西市が「住みよい街」として皆さま一人一人が実感できるように、
私は、皆様とともに、皆様の声を受け止めながら、変わらず、
議会活動を行っていければと思います。よろしくおねがいいたします。